千葉市内

4人家族分の刺身を買うなら千葉市地方卸売市場とマリンピアどっちがお得?|大トロ、中トロ、赤身、サーモンを実際に購入して比較してみた

千葉市地方卸売市場とイオンマリンピア稲毛海岸店刺身比較写真

地元千葉市美浜区には稲毛海岸駅から行ける千葉市地方卸売市場があり、市場で新鮮な魚を買うことができます。

千葉市地方卸売市場の看板写真

新鮮な鮮魚や野菜が買えます

また稲毛海岸駅前にはイオンマリンピアがあり鮮魚コーナーはとても充実していています。

イオンマリンピア稲毛海岸店の全景写真

稲毛海岸在住者には欠かせないお店です

そこで今回は千葉市地方卸売市場とマリンピアでお刺身を実際に購入し4人で食べて千葉市地方卸売市場とマリンピアで4人家族分の刺身を買うならどっちがお得かを比べてみました。

比べたのはサーモン、マグロの赤身、中トロ、大トロ

  • 価格
  • 美味しさ

で判断しました。

千葉市地方卸売市場の紹介や購入時の注意点、満足できる4人分の刺身のボリュームについてもご紹介します!

 

4人家族分の刺身を買うなら千葉市地方卸売市場とマリンピアどっちがお得?

サーモン、マグロの赤身、中トロ、大トロを実際に購入して比較調査してみた結果、4人家族分の刺身を買うのにお得だったのは千葉市地方卸売市場です。

千葉市地方卸売市場

千葉市地方卸売市場の看板アップ写真

味は接戦の評価になりましたが、価格がマリンピアと比較して安かったです。

千葉市地方卸売市場で購入できた種類と同じ種類の刺身をマリンピアで購入したので種類によってはマリンピアの方が安いものがあるかもしれないと思い後日調査してみました。

■グラム単価比較

千葉市地方卸売市場 イオンマリンピア稲毛海岸店
メバチマグロ中トロ 6.5円 7.8円
インドマグロ中トロ 7.8円 8.2円
ビンチョウマグロ赤身 2円 2.9円

やはり千葉市地方卸売市場の方が価格は間違いなく安いです!



サーモン刺身を比較

千葉市地方卸売市場でノルウェー産サーモンを購入したのでマリンピアもノルウェー産サーモンを購入しました。

ノルウェー産サーモンの写真

左が千葉市地方卸売市場で購入したものです

■価格比較

千葉市地方卸売市場 イオンマリンピア稲毛海岸店
グラム数 153g 139g
価格 470円 447円
単価(グラム) 3.07円 3.22円 (ポイント割引後3.20円)

イオンマリンピアはWAON等のポイント還元0.5%割引後の価格を出しています。

僅差ですが、千葉市地方卸売市場の方がグラム単価が0.13ほど円安かったです。

価格:千葉市地方卸売市場が安い!

切り身は1切れ14グラム程度で切りつけました、千葉市地方卸売市場の方が身幅があるため見栄えがします。

ノルウェー産サーモンを切り身にした比較

左が千葉市地方卸売市場で購入したものです

■味比較

ノルウェー産サーモンを食べる写真

4人全員が優劣つけられませんでした。

どちらの刺身もしっとりとした脂がよく乗っていて、臭みも全くなかったです。

サーモンに関してはどちらで買っても大満足できる味なのは間違いありません。

味:千葉市地方卸売市場とイオンマリンピア稲毛海岸店は互角!




マグロ赤身刺身比較

千葉市地方卸売市場でメバチマグロの赤身を購入したのでマリンピアもメバチマグロの赤身を購入しました。

メバチマグロの赤身比較写真

左が千葉市地方卸売市場で購入したものです

■価格比較

千葉市地方卸売市場 イオンマリンピア稲毛海岸店
グラム数 232g 93g
価格 720円 500円
単価(グラム) 3.1円 5.37円 (ポイント割引後5.35)

イオンマリンピアはWAON等のポイント還元0.5%割引後の価格を出しています。

イオンマリンピア稲毛海岸店で売られているマグロの赤身は93g程度と少量です。

販売価格だけをみるとマリンピアの方が安くみえますが、グラム単価は2円ほど千葉市地方卸売市場の方が安いのです。

マリンピアの赤身は約200gで販売されている大きい柵を購入しても単価は同じ5.37円ですから、マグロの赤身を家族4人分買いたいなら千葉市地方卸売市場がおすすめという結論になります。

家族4人分の赤身となると、だいたい600g程度は必要ですから、グラム単価が圧倒的に安い千葉市地方卸売市場の方がお得ということになりました。

価格:千葉市地方卸売市場が安い!

切り身は1切れ12グラム程度で切りつけました、千葉市地方卸売市場の方が赤身らしい濃い色をしているようにみえます。

メバチマグロ赤身の切り身

左が千葉市地方卸売市場で購入したものです

■味比較

メバチマグロの赤身を食べる写真

4人の評価が完全にわかれました、美味しいと評価したのが千葉市地方卸売市場2名、イオンマリンピア稲毛海岸店2名と別れました。

私とババは千葉市地方卸売市場の赤身の方がマグロの味が強く出て濃い味に感じられました。

一方、奥さんとじじはマリンピアの赤身の方がさっぱりとして身も柔らかく感じたとのこと。

好みによると思いますが、千葉市地方卸売市場の赤身の方がしっかりとした歯ごたえがあり、マリンピアの赤身は柔らかくさっぱりとした味だったようです。

どちらも美味しかったのは間違いないです。

味:千葉市地方卸売市場とイオンマリンピア稲毛海岸店は甲乙つけがたい!



マグロ中トロ刺身比較

千葉市地方卸売市場で本マグロの中トロを購入したのでマリンピアも本マグロの中トロを購入しました。

本マグロの中トロ比較写真

左が千葉市地方卸売市場で購入したものです

■価格比較

千葉市地方卸売市場 イオンマリンピア稲毛海岸店
グラム数 260g 108g
価格 2,600円 1,142円
単価(グラム) 10円 10.57円 (ポイント割引後10.52)

イオンマリンピアはWAON等のポイント還元0.5%割引後の価格を出しています。

やはり本マグロは単価が高いですね!

比較してみた結果、僅差ですが千葉市地方卸売市場が安いことがわかりました。

グラム単価は千葉市地方卸売市場は10円、イオンマリンピア稲毛海岸店は10.57円となっています。

価格:千葉市地方卸売市場が安い!

切り身は1切れ15グラム程度で切りつけました、マリンピアの方がいわゆる中トロのいい色がでているようにみえます。

本マグロ中トロの切り身写真

左が千葉市地方卸売市場で購入したものです

■味比較

本マグロ中トロを食べる写真

全員がマリンピアの中トロが美味しいと評価しました。

千葉市地方卸売市場の中トロは切りつけるときにわかったのですが赤身(血合?)部分が結構多く、赤身に近い部位だったと思われます。

マリンピアの中トロはきれいな色をしていて、筋も少なくとろけるような味でした。

味:イオンマリンピア稲毛海岸店が美味しい!




マグロ大トロ刺身比較

千葉市地方卸売市場でメバチマグロの大トロを購入したのでマリンピアもメバチマグロの大トロを購入しました。

大トロはどちらも切り身で売っていました。

メバチマグロ大トロ比較写真

左が千葉市地方卸売市場で購入したものです

■価格比較

千葉市地方卸売市場 イオンマリンピア稲毛海岸店
グラム数 143g 78g
価格 1,000円 647円
単価(グラム) 6.99円 8.29円 (ポイント割引後8.24)

イオンマリンピアはWAON等のポイント還元0.5%割引後の価格を出しています。

千葉市地方卸売市場は6.99円、イオンマリンピア稲毛海岸店は8.24円、グラム単価1.25円の差で千葉市地方卸売市場が安かったです。

大トロはやはり刺身盛り合わせには欲しいので、この価格差は見逃せませんね。

価格:千葉市地方卸売市場が安い!

切り身は1切れ13グラム程度で切られていました、千葉市地方卸売市場の方が赤みが強く大トロ?とちょっと疑いたくなるかもしれません。

■味比較

大トロを食べる写真

全員が千葉市地方卸売市場の大トロが美味しいと評価しました。

千葉市地方卸売市場の大トロは中トロに近い部位と思われ、あまり脂のくどさがなかったのがよかったようです。

1切れだけ食べるならイオンマリンピア稲毛海岸店がよいという意見もありました。

味:千葉市地方卸売市場が美味しい!

 

■結果一覧

千葉市地方卸売市場 イオンマリンピア稲毛海岸店
サーモン 価格
マグロ赤身 価格
マグロ中トロ 価格
マグロ大トロ 価格

やはり千葉市地方卸売市場は価格が安かったです、朝早く出掛ける価値は間違いなくあります!

 

千葉市地方卸売市場内を散策してみた

千葉市地方卸売市場へは最寄りの稲毛海岸駅からバスで21分、歩いて28分ほどになります。

朝早く行く必要があり、駐車場も広いことから車で行くことをおすすめします。

毎月第2・第4土曜日は市民感謝デーとして一般市民にも市場が開放されています。

今回は11月26日の感謝デーに訪問しましたが、実は市民感謝デー以外の日でも入場して魚を購入することが可能です!

千葉市地方卸売市場の水産棟の写真

ゲート入口で入場希望を伝えれば入れます

市場は水産棟、青果棟、関連棟と3つの建物があります。

関連棟には食堂や乾物、切花など様々なお店が入っています。

千葉市地方卸売市場の関連棟の写真

人気の食堂はいつも行列ができています

水産棟では魚や貝、干物などの加工品も購入することが可能です。

千葉市地方卸売市場水産棟の入り口写真

市場内は少し狭いので注意しましょう



マグロとサーモンが買えるお店リスト

水産棟にあるお店は以下の画像の通りです。

千葉市地方卸売市場の水産棟店舗画像

マグロを取り扱っているけど、私が行った日は売っていなかった店舗は緑(中音次・カネカ・大幸・丸六水産)

私が行った日にマグロを売っていた店舗はオレンジ(浦安山源・おざき・カネカ・甚次郎・大心・銚七水産)

私が行った日にサーモンを売っていた店舗は黄色(山利商店・甚次郎)

になります。

今回中トロと赤身は「浦安山源」で購入しました。

千葉市地方卸売市場の浦安山源の写真

マグロ以外の鮮魚も扱っていました

マグロを切りつけながらショーケースに入れていました。

千葉市地方卸売市場浦安山源のショーケースの写真

ショーケースに入れたそばから売れていってました

大トロとサーモンは「甚次郎」で購入しました。

千葉市地方卸売市場甚次郎の写真

「まぐろ」と書かれているのでわかりやすいですね

この日最もマグロの種類が多かったのはこちらのお店でした。

千葉市地方卸売市場甚次郎のショーケースの写真

マグロは切り身の小パックでたくさん販売されていました




千葉市地方卸売市場で買い物をするときに気をつけたいこと3選

お得に買い物ができる市場ですがいくつか気をつけたいことがあります。

  1. 時間が遅いと商品がないときがある
  2. 種類や大きさが限定され単価もわからない
  3. 値札表記に注意しましょう

①時間が遅いと商品がないときがある

市場は営業時間がとても早いため遅い時間に訪問すると目当ての商品が売り切れている可能性があります。

遅くとも8時まで、できれば7時ごろまでに行くようにしましょう。

千葉市地方卸売市場の遅い時間の写真

遅い時間だと閉まっているお店も出てきます

②種類と大きさが限定され単価もわからない

各店舗で様々な商品を売っていますが、スーパーのように同じ商品でグラム数を変えてたくさん商品を置いてはいません。

また、何グラムでいくらかなどの記載もなく単価がわからないためどのお店が最も安いかなどの比較検討もできません。

今回の検証で市場の価格が安いことはわかりましたので欲しい商品があったら売り切れる前に購入しましょう。

商品によっては値引き交渉に応じてくれますのでとりあえず「ちょっと安くして~」と言ってみると良いですよ。

千葉市地方卸売市場のショーケースの写真

欲しい商品があったら即買いましょう!

③値札表記に注意しましょう

切り身は問題ないのですが、魚まるごと一匹や貝類を購入する場合、表示されている値札は「1キロの価格」になります。

1匹の値段ではありませんので注意してください。

千葉市地方卸売市場魚の値札に注意写真

このお店は小さく「K」って書いてます

千葉市地方卸売市場は日によって品揃えが違っており、必ず目当ての魚が買えるとは限りません。

そういった面も含めて気楽に市場巡りを楽しむのが良いと思います。

 

イオンマリンピア稲毛海岸店の鮮魚売り場をレポート

イオンマリンピア稲毛海岸店は稲毛海岸駅を降りて目の前にあります。

イオンマリンピア稲毛海岸店の全景写真

イオンマリンピア稲毛海岸店

鮮魚コーナーは地下1階にあり、スーパーの中では魚を多く扱っていると思います。

イオンマリンピア稲毛海岸店の鮮魚コーナーの写真

お刺身系が充実しています

サーモンはノルウェー産と南米産が揃ってます。

イオンマリンピア稲毛海岸店サーモンの写真

マグロはちょっと驚くくらい種類豊富に揃っています。

イオンマリンピア稲毛海岸店のマグロ売り場の写真

主なマグロ品種は大体揃ってます

11月26日に訪れたときには

  • 本マグロ
  • メバチマグロ
  • キハダマグロ
  • ビンチョウマグロ

が売っていました。

また同じ階には鮮魚専門店のカネカもあります。

千葉市地方卸売市場にあるカネカと同じ屋号でどちらにも店舗を構えてるんですね。

訪問日の千葉市地方卸売市場のカネカはマグロの赤身ぶつ切りのみ1パック1,000円で販売されていてイオンマリンピア稲毛海岸店には同じ商品はありませんでした。

イオンマリンピア稲毛海岸店の鮮魚専門店の写真

こちらにもマグロは種類多く置いてありました。

イオンマリンピア稲毛海岸店の専門店のマグロ写真

インドマグロが売っていたのでマリンピアに来れば主なマグロ全種類が買えることが分かりました。

いつでも豊富なマグロから好きな物を選べるのはマリンピアの良いところですね。

 

満足できる4人分の刺身のボリュームは600g?

今回サーモン、マグロ赤身、マグロ中トロ、マグロ大トロでお刺身盛り合わせを作りました。

お刺身盛り合わせ写真

比較できるよう購入店舗で左右に分けました

この盛り合わせは

  • サーモン1切れ14gを12切れ 168g
  • マグロ赤身1切れ12gを8切れ 96g
  • マグロ中トロ1切れ15gを14切れ 210g
  • マグロ大トロ1切れ13gを14切れ 182g

総重量:656g

で作りました。

盛り付けたときは食べきれるかな?と半信半疑でしたが、大人4人でちょうど食べきれました。

じじばばと私と奥さんでの4人なのでもっと若い人達でしたら上記量より多くても食べられると思います。

参考にしてみてください。

購入したマグロの写真

比較のためたくさん買いました

 

まとめ

千葉市地方卸売市場の貝販売の写真

千葉市地方卸売市場で売られている貝

最後までご覧いただきありがとうございます!

今回のお刺身対決はいかがだったでしょうか?

千葉市地方卸売市場とマリンピアの両方の売り場を比較してみて分かったことは、販売されている柵の大きさが違うので、大人数分の刺身が欲しいなら千葉市地方卸売市場、一人分や二人分程度の量が欲しいならマリンピアという感じで使い分けるのが賢い方法ではないかと思います。

価格だけで見れば千葉市地方卸売市場が安いのですが、柵が大きめで売られているので量が多くなってしまいますから、一人暮らしや少数世帯では食べきれません。

そういうときは単価が多少高くても、適量で販売されているマリンピアに優位性があるのではないと思いました。

千葉市地方卸売市場は価格が安いことがわかり、今後もっとたくさんの人に訪れてほしいと思います。

新鮮な魚や貝を購入して関連棟の人気店長谷川食堂で海鮮丼を食べるのも楽しいですよ!

千葉市地方卸売市場内の長谷川食堂の看板写真

名物の海鮮丼を食べるには行列覚悟です



-千葉市内