千葉県

【千葉市】5歳と2歳の小さな子供連れ親子も楽しめた千葉ポートタワー|施設の楽しみ方や駐車場と展望レストランの混雑回避方法までご紹介します

千葉ポートタワー紹介アイキャッチ

※本ページはアフェリエイト等広告が含まれています

千葉市の千葉ポートパークある千葉ポートタワーに5歳と2歳の子供を連れて遊びに行ってきました。

高いところはどうかな?と半信半疑で連れて行きましたが、想像以上にとても楽しんでくれました。

展望レストランのシーガルキッチンでのランチも親子共に大満足でした。

今回は子供連れで施設とレストランを楽しむ方法の詳細についてご紹介します。

千葉ポートタワーの全景写真

子供も楽しめました

千葉ポートタワーの見どころ

小さな子供目線での見どころをご紹介します。

4階の展望『フロアビュープロムナード』

地上113メートル、千葉ポートタワーのメインフロアです。

360度見渡せる高い景色に5歳、2歳の子供どちらも大喜びでした。

千葉ポートタワー展望デッキからの眺め写真

天気が良いと富士山も見えます

半分は海や港が見える場所、もう半分は街並みが見える場所になっています。

海側を見て船が通る度に船、船、とはしゃぎ、眼下の砂浜にいる人を見ては、ちっちゃーいと覗き込んでいました。

千葉ポートタワー展望デッキからの船写真

結構頻繁に船の往来があります

街側は見どころないかと思ってましたが、電車が通るのが見え電車!と街側も楽しんでいました。

千葉ポートタワー展望デッキの街並み写真

見どころはたくさんありました

有料の望遠鏡があり、覗くタイプと液晶画面に映るタイプがあります。

小さな子供が見るには液晶画面タイプが見やすくて良かったです。

千葉ポートタワー展望デッキの望遠鏡写真

液晶は2歳児でも見れました




2階の恋人の聖地『サンセットプロムナード』

行く前はこの階は見どころないかと思いましたが、意外?可愛らしいソファが置かれていました

5歳の娘は写真撮ってーとご機嫌、女の子だなーとしみじみ感じました。

千葉ポートタワー2階のソファ写真

インスタ映えポイントです

愛の南京錠は2歳の息子がひたすら鍵をいじって楽しんでました。

行くよと声を掛けなかったらずっと遊んでいる感じでした。

千葉ポートタワー2階のかぎ写真

ひたすらいじり倒してました

この他にも船の模型や展示物、占いの機械などが置かれていました。



1階のポートショップ・キッズコーナー

お土産屋と子供用のゲームコーナーがあります。

千葉ポートタワー1階写真

結構にぎわってました

訪問日は似顔絵を描いてくれる人がいました。

このフロアは入場料なしで利用できます。

ここには無料で遊べるスペースがあり、子供達は楽しそうに遊んでました。

千葉ポートタワー1階の無料スペース写真

大型のブロックや車などが置かれていました

オムツ交換と授乳室が無料スペースの隣に設置されていました。

千葉ポートタワー1階の授乳室写真

小さな子供連れでも安心です

1階にあるトイレはかなり混雑していました。

レストランを利用した時はレストランのトイレを利用した方がよいです。

レストラン「シーガルキッチン」でのランチ

入場料を支払わないと利用できないレストランです。

千葉県の食材を使った料理が楽しめます。

ランチはメインを選んでのビュッフェ形式となっています。

シーガルキッチンの看板写真

満足できました

シーガルキッチンの営業時間

月曜〜金曜は11時〜17時

土日祝は11時〜19時30分

支払いは現金の他、クレジットカード、交通系ICが利用可能です。

席数は40席で窓沿にテーブルとカウンターがぐるっとあり、どの席からも外の景色が見えます。

シーガルキッチンのカウンター席写真

眺めは最高です

シーガルキッチンのメニュー

メニューはメイン+ビュッフェで1,350円〜1,650円です。

メインは

アサリとトマトのペペロンチーノ 1,350円

ボスカイオーラ 1,350円

シーガルキッチンのパスタ写真

ペペロンチーノとボスカイオーラ

オムライス 1,350円

ハンバーグ 1,650円

ミックスフライ 1,650円

ポークソテー 1,650円

子供用に

ハンバーグ 小学生700円 未就学児500円

オムライス 小学生700円 未就学児500円

がありました。

シーガルキッチンの子供用メニュー写真

ハンバーグとオムライスです

子供もビュッフェが付きます、お得ですね。




ビュッフェの内容

訪問日のビュッフェは次の通りでした。

オードブル4種

  • ビリ辛こんにゃく
  • 土佐煮
  • フライドポテト
  • コーンクリームコロッケ
シーガルキッチンのオードブル写真

和洋折衷でした

ベーコンと野菜のコンソメスープ

シーガルキッチンのスープ写真

スープは1種類

サラダは葉物とポテトサラダ、トッピングはフライドオニオン、クルトン、オニオンスライス、海藻ミックス、コーンがありました。

ドレッシングは2種類ありました。

シーガルキッチンのサラダ写真

サラダのトッピングは豊富でした

デザートはプリンとコーヒーゼリーがありました。

シーガルキッチンのデザート写真

美味しかったです

ドリンクはホットコーヒー、ホットティー、アイスコーヒー、緑茶、写真は撮れてませんでしたが、ジュースの機械もあり、カルピス、オレンジジュース、コーラなどが飲み放題でした。

シーガルキッチンのドリンク写真

子供用のプラスチックカップもあります

ビュッフェは品数もあって、とても満足できる内容でした。

子供達はメインが来る前にフライドポテトとジュースでお腹一杯になってしまってました。



開店時の並びについて

レストランは3階で開店は11時からです。

1階からの登りエレベーターは基本的に4階にしか止まらず、4階から階段で3階へ行きます。

開店前に開店待ちの列ができ、4階の展望フロアから3階に降りられる階段に並ぶようになってます。

私達は開店10分前から階段で待ちましたが前におよそ7,8組が並んでいました。

シーガルキッチンの開店待ちの列写真

開店待ちになるほど人気でした

入店時に注文と会計をするため席に着くまでに時間がかかります。

開店時に入店したい場合は15分くらい前から並びましょう。

おすすめ利用時間

私達が訪れた日曜日は開店待ちの人達で席はほぼ埋まってしまいました。

料理提供に少し時間がかかることと、ビュッフェということを考えるとお客さんの滞在時間は長めです。

開店待ちの列に並ぶか、最初のお客さんが帰り始める開店から1時間半後の12時半〜13時以降に行くのがおすすめです。

シーガルキッチンの開店直後写真

開店してしばらくは左手に並んでます

千葉ポートタワーの基本情報

千葉ポートタワーは1986年に建設された全長125mのタワーになります。

千葉ポートタワーの場所

住所は〒260-0024 千葉県千葉市中央区中央港1丁目 千葉ポートパーク内になります。

電話番号は043-241-0125です。

アクセス方法

電車の場合はJR京葉線・千葉モノレールで千葉みなと駅から 徒歩約12分です。

車の場合は東京方面から東関東自動車道:湾岸習志野IC下車 約20分、京葉道路:幕張IC下車 約20分になります。

ポートタワーに隣接した無料駐車場があります。

収容台数は245台

利用時間は

6~9月は9時~21時まで

10月~5月は9時~19時まで

となっています。

駐車場が混雑している場合

普段はそれほど混雑していない駐車場ですが、イベントが行われている日はとても混雑してる時があります。

千葉ポートタワー前広場で原則毎月第1日曜と第3日曜に開催されているフリーマーケット『千葉deフリマ』の日は駐車場も混雑しています。

駐車場には特に誘導する人はいないため自分たちで空きスペースを探す必要があります。

入り口を入ると青矢印の方へ一方通行に進むようになっているのですが、手前側に車が貯まる傾向にあります。

奥側は空いているスペースがあるケースが多いので奥まで行って探してみましょう。

ポートタワー駐車場の地図

赤枠の部分に空いているスペースが生まれやすいです




営業時間

営業(開館)時間は次の通りです。

[6月~9月]
9:00~21:00(毎日)

[10月~5月]
9:00~19:00(月~金)
9:00~20:00(土日祝)
※最終入館は閉館時間の30分前までになります。

別途休館日が設けられています。

休館日はこちらのホームページを確認ください。

利用料金(入館料)

個人利用は大人 420円 小中学生 200円 小学生未満 無料!

料金支払いは現金の他、クレジットカード、QRコード決済、交通系ICが使えます。

千葉ポートタワーの入場券販売所写真

隣に自動販売機もあります

千葉ポートタワーの口コミ、評判

千葉ポートタワーの口コミや評判をX(Twitter)でみてみましよう。

これは綺麗、タワーの中へ夜に訪れるのも楽しいですね。

冬は外から眺めても綺麗です。

タワーで遊ぶ以外にも遊べるスポットがあります。

千葉ポートタワーに登る以外にも外から眺めたり、近隣で遊んだりと色々子供と楽しめます。

子連れ親子におすすめのプランご紹介

千葉ポートタワーへ訪れた時のおすすめプランをご紹介します。

展望タワー~展望レストラン~1階ゲームコーナー~フリーマーケット

我が家が遊んだプランになります。

最初に展望タワーをみてレストランでランチ、2階~1階と遊んで、最後にフリーマーケット散策をするプランです。

毎月第1,第3日曜日はポートタワー前でフリーマーケットが開催されています。

子供用の洋服やおもちゃの出品が多く、掘り出し物を探すのも楽しいです。

千葉ポートタワーフリーマーケット写真

かなりの店舗がありました




ポートタワー~キッチンカーでランチ購入~公園散策

ポートタワーを見学してからキッチンカーでランチを購入、公園内の芝生や砂浜でのんびり過ごすプランです。

土日祝日はポートタワーの前でキッチンカーや屋台村が開催されています。

展望レストランを利用しなくても食事をとることができます。

千葉ポートタワーケータリングの写真

この日は4店舗販売していました

海岸沿いは比較的空いていてゆっくりと過ごすことができます。

タワー横の砂花写真

シート持ってくるとよいですね

ポートタワー+千葉港めぐり観光船

千葉ポートタワーの近くにあるケーズハーバーから千葉港をぐるっと40分で1周する観光船が運行されています。

カモメに手で餌をあげることができたりかなり貴重な体験ができますので是非乗船してみてください。

観光船の詳細はこちらでご紹介しています。

千葉港めぐり観光船のアイキャッチ
【千葉市】千葉港めぐり観光船は穴場で楽しい!幼児連れ親子におすすめな理由3選|運行時間や駐車場、口コミや評判とランチにはレストランピア01がおすすめ理由までご紹介

手軽に乗船体験ができる千葉港めぐり観光船は幼児連れ親子におすすめです。運行時間や駐車場、口コミや評判とケーズハーバーレストランピア01のおすすめ理由、千葉ポートタワーと一緒に遊ぶルートまでご紹介

続きを見る

千葉港遊覧船と飛ぶカモメの写真

次々とカモメが飛来します

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

子供達が喜ぶか不安でしたが、終わってみれば杞憂でした。

良い天気にも恵まれ2人ともとても楽しんでくれました。

千葉ポートタワーは様々なイベントも行っています。

潮干狩りなどタワーと周辺で季節ごとに違った楽しみ方があり千葉近郊の近場の遊びスポットとして重宝します。

是非遊びに行ってみてください。

千葉ポートタワー入り口写真

かなり楽しく遊べました



アーカイブ

-千葉県